家庭用レーザー脱毛器で脱毛完了できる?

家庭用レーザー脱毛器で脱毛完了した人は本当にいるの?

家庭用レーザー脱毛、本当にこれで脱毛完了した人はいるの?

家庭用レーザー脱毛器は、家庭用とは言え「レーザー」なので、効果が高そうな感じがしますよね。

 

でも、本当にこれだけで脱毛できるものなんでしょうか?

 

結論としては、

 

「相当厳しい」

 

と言いたいです。不可能、とまでは言えませんが……限りなく不可能に近いです。

 

その理由はこちら!

 

■照射できる対象部位が限られている
■1回あたりにかかる照射回数が多い&照射時間が長い
■重たい
■難しい

 

【照射できる対象部位が限られている】
家庭用レーザー脱毛器は、IラインとOラインには使えません。危険だからです。
また、うなじ・背中など自分では手が届かないところもあります。
「これ1台で全身脱毛できるならお得よね♪」と思って購入しても、実際には全身脱毛できません……。

 

【1回あたりにかかる照射回数が多い&照射時間が長い】
レーザー脱毛器は、フラッシュ脱毛器に比べると照射口が小さいのがデメリットです。
というのも、1回の照射で処理できる範囲が小さいということは、それだけ多くの回数を照射しないと全体が照射できないからです。すると当然時間がかかります。
Vラインや脇ぐらいなら30分程度でできますが、脚や腕となると何時間もかかってしまいます。

 

【重たい】
単純に、重たいです。髪の毛を乾かすとき、ドライヤーをずっと持っていると腕が疲れてくることってありませんか?
家庭用レーザー脱毛器はドライヤーと同じぐらいの重量があるので、何時間も持っているのは不可能です。

 

【難しい】
家庭用レーザー脱毛器の照射口は、丸い形をしています。
実はこれがクセモノ。
四角い照射口なら、隙間を開けずにキレイに照射していけます。1ショット打てば、そのまま隣にスライドさせていくだけですから。

 

でも○の場合は、てきとうにやっていると確実に「照射漏れ」だらけになります。
本当は「蜂の巣状」に照射しなければならないのですが、だんだんずれてきたりして照射漏れになってしまいます。

 

 

このようなことから、家庭用レーザー脱毛器で脱毛するのは難しいです。
効果が無いわけではないので根気よく続けていればいずれは脱毛が完了するかもしれませんが、そのためには何千時間という時間を費やすことになるでしょうし、そもそも、途中で断念してしまう人が多いんです。

 

「ワキだけ」「Vラインだけ」など小さい部位だけに使うならいいかもしれませんが、それならエステやクリニックに行った方が格段に低予算で脱毛できるので、そうなると家庭用レーザー脱毛器を使うメリットというのはほとんど無いのではないでしょうか。